【コミュニティ】今見てる世界の外に別の世界が必ずある。(かかみの孤城[下])

どうも!

1日1時間は本を読む時間をとるようにしているzonoです!!

今回は、辻村深月さんの《かがみの孤城(下)を紹介します。

 

目次

【コミュニティ】今見てる世界の外に別の世界が必ずある。

 

学校や、会社、家など、

様々なコミュニティに属している。

今のコミュニティで自分の素が

出せていなく、悩んでいる人。

学校や、会社、家など、

様々なコミュニティに属している。

今のコミュニティで自分の素が

出せていなく、悩んでいる人。

そのコミュニティで、自分の素を出せれば、

いいかもしれないが、

だれでも、どこでもそんなことができる人はいない。

この世の中、自分に合うコミュニティは存在する。

勇気を出した一歩

その一歩がきっと何かをかえてくれるはずだ。

あらすじ

学校での居場所をなくし、閉じこもっていた”こころ”は、部屋の鏡をくぐり抜けた先にある城に通うようになる。そこで出会ったのは、境遇の似た仲間たち。7人のぞれぞれの事情が少しずつ明らかになるなか、城の終わりの日が刻々と近づいてくる。鍵は見つかるのか、果たしてこの中の誰の願いが叶うのか ― 。
ラストには驚きと大きな感動が待つ。本屋大賞受賞作。
※引用:『かがみの孤城(下)』より

「保健室」

マサムネの言葉を胸に、

それぞれが学校を目指し、家をでた。

しかし、学校にみんなの姿はなかった

後日、城に集まったとき、

マサムネは、城に来ていなかった。

なぜ、みんな会えなかったのか ― 。

「分岐した世界」

ひと月来なかったマサムネが城にきた。

そこで、マサムネはみんなが

会えなかった理由を推測していた。

パラレルワールドなんじゃないか。

7つの世界が存在している。だから、会えない。

その推測を聞いて、7人は ― 。

「前日」

城の終わりが近づき、最後の日の前日。

最後の日にパーティをすることになっていたため、

お菓子などを買いに外に出ていた、こころ。

家の外で、部屋の窓が光り、激しい音がなる

嫌な予感がし、部屋に戻ると、

そこには ― 。

《かがみの孤城(下)》の詳細!!

[作品名]  『かがみの孤城(下)』

[著 者]  辻村深月

[出版社]  ポプラ文庫

[定 価] ¥780(税別)

最後に!

この作品は、上下巻で構成されていてます。

上では、城に集められた7人の子供たちの

悩みや、葛藤、残酷な現実などが描かれます。

下では、希望が見え、絶望を味わい、

そこから立ち上がって、前に進もうとする。

城が終わりに近づいた3月。

怒涛の展開で終わりまで駆け抜ける

読んだら読み止まらない!!

衝撃の展開に驚きと感動を与えてくれます。

ぜひ、手に取り、読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました