【時間を有効に!】読んだ本を記憶に残すために行うアウトプットの方法!

その他

どうも!zonoです!

1日1時間は本を読む時間をとるようにしているzonoです!!

今回は、

・本を読み終わったあと、記憶に残らない・・・。

・すぐに内容を忘れてしまう・・・。

・読んだ知識が役に立つか分からない・・・。

 

こんな悩みを持った人へ向けて書きます!!

スポンサーリンク
目次

【時間を有効に!】読んだ本を記憶に残すために行うアウトプットの方法!

本を読み終わったあと、記憶に残らない・・・。

すぐに内容を忘れてしまう・・・。

読んだ知識が役に立つか分からない・・・。

など、こんな悩みを、持った人たち多くいるんではないでしょうか?

そんな人達が利用できる方法をお伝えしたいと思います!

さて、記憶に残す、役に立てるために必要なこと、

それはアウトプット!!

自分の何か得意なことを想像してみてください!

私の場合、サッカーです。

サッカーを上手くなろうと思ったら何をしますか?

ボールを蹴ったり、走ったり、プレーしますよね!

サッカーの本読んで、はい!サッカーできる!という人はいないと思います。

実際にプレーしてみないと上手くならないですよね!?

想像してもらった得意な事も、

同じく何度も何度も繰り返し練習したのではないでしょうか?

実践し、試行錯誤し、得意になっていったと思います!

じゃ、本を読んだことを使って行かなければ

ダメだということがわかったと思います。

アウトプットの方法

それでは、アウトプットの方法を見ていきましょう!

これは実際に自分が実践している方法を4つ紹介したいと思います。

●内容を話す

これは比較的簡単かつすぐ実践出来ることです。

ただ友達、知り合いに話すだけです。

話しながら自分の理解が深まります。

勉強も、人に教えた方が、身につくスピードが早いですよね!!

友達だとあまり話が上手くなくても、

日常の会話のように話すことが出来るので、

気軽にできるんじゃないかと思います。

学生さんとかだとサークルとかに参加してもいいかもですね!

 

小説や、ビジネス書などの話だと、

抵抗なくおすすめ!って感じで話できるかもしれません。

自己啓発本だど少し話しずらいという人もいるかもしれません。

そんな人達は以下の方法はいかがでしょう!

(もちろん、小説とかでも、利用できます)

●SNSで投稿

Twitterなどで読んだ内容をまとめて、投稿してみる!

という方法です!

これも比較的実践しやすいと思います!

この世の中、ほとんどの人がSNSをやってると思います。

そんななかで、投稿することで、

まとめる能力も上がりますし、伝える能力も上がります!

Twitterだと、140文字という制限があるので、

これに沿って投稿すると、必然とまとめる力をが必要になってきます

 

その他にも、自分の考えと一緒に投稿することで、

その考えに共感した人とかと繋がる事ができるかもしれません!

そしたら読書のコミュニティに参加したり出来るかもです!

 

SNSではないですが、レビューを投稿できるサイトの紹介です!

●書籍紹介メディア「ブックレコメンド」

例えばAという本のレビューを投稿するときに、

Aと関連のある本Bを、一緒に紹介するという形です!

この本読んだらこの本楽しめる!

この本の次はこの本読んでみて!

この本とこの本は違う意見言ってるなぁー

と関連したものを読めるので、1つの知識の幅が広がるのがとてもいいと思います!

⇒投稿してみる 

●ブログやってみる

これは少し、手間がかかるので、大変かもしれません。

しかし、まとめる能力や、伝える能力が上がるのは、SNSと同じです!

レビューという形で、投稿すると、

上手く行けば、収益として

お金を稼ぐことができるかもしれません!

始め方は、YouTubeや、様々なブログ等で紹介されているので、

見てみてもいいかもしれません!

⇒サイト作成講座受けてみる 

⇒サーバー取得して始めてみる

最後に!

現状、1ヶ月に1冊も本を読んでない人は

約50%いると言われています。

こんな、本の読書離れは、この記事で記載した内容も

少しは関わってきてると思います。

私は本を読むことは、

人生を豊かにするものだと私は思っています。

本を読み終わったあと、記憶に残らない・・・。
すぐに内容を忘れてしまう・・・。
読んだ知識が役に立つか分からない・・・。

こんな悩みで本を読むのを、辞めてしまった人は、

1回、今回おすすめした方法を実践してみて欲しいです!

↓記憶に残る姿勢についての記事はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました