【故郷とは】心から思える相手、場所はありますか?[島はぼくらと]

どうも!

1日1時間は本を読む時間をとるようにしているzonoです!!

今回は、辻村深月さんの《島はぼくらとを紹介します。

目次

【故郷とは】心から思える相手、場所はありますか?

 

 

あなたに故郷はありますか?

故郷と呼べる場所はありますか?

それは、自分の生まれた場所かもしれないし、

育った場所かもしれない。

長く住んだ所、お世話になった人、仕事をした所。

様々な場所が故郷になりうる。

心から何かをしてあげたいと思える人、場所。

それこそ、故郷なのではないだろうか。

あらすじ

瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しに来たという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。
※引用:『島はぼくらと』より

「冴島」

本土までフェリーの高速船で片道450円。約20分の距離の島。

島で生まれ、本土に出て、戻ってくるUターン組。

島に移住するIターン組。

シングルマザー。ロハスの生活をしに来た人たち。

など、様々な人が様々な理由で住む島。

そのため、人間関係の上手く行ってない部分もある。

そんな島でのたった四人の同級生。

母が島の会社の社長にしている朱里。

島を守ってきた家系、網元の娘の衣花。

父のロハスで小さい頃に移り住んだ源樹。

少し抜けてる所があり、脚本などを書いている新。

そんな島での、コミュニティデザイナー、ヨシノ。

島の会社「さえじま」、村長。など様々な人間関係が織り成す物語 ― 。

「幻の脚本」

ある日、そんな島に、

幻の脚本を、探しに住みに来たという、霧崎ハイジ。

一応、作家。胡散臭い霧崎に、島の人たちはよく思わない。

島でいろいろと探り、島中を引っ掻きまわす。

元水泳のオリンピック選手の蕗子の存在にも気づき、探りを入れてきた。

それを不快に思った、同級生四人は、

脚本を書くのが趣味である、新の脚本を幻の脚本だといい、渡す。

すると、霧崎はすんなり島から出ていった。

果たして、島に幻の脚本が、存在するのか ― 。

「蕗子の父母」

蕗子は有名になったことで、人間関係に疲れ果てていた。

そんなとき、不倫という形で、妊娠した。

両親からの大反対を押し切り、産むことを決意し、

シングルマザーの多い、冴島のHPを見て移住を決意した。

島に住んでからも両親からの連絡はあったが、居場所さえも伝えなかった。

時が経ち、居場所を伝えると両親が島にやってきた。

連れ戻しに来たんだと。

父は、ただ娘の未奈に会いたいくて島に来た。という。

朱里や衣花、朱里の母、コミュニティデザイナーであるヨシノなど、

たくさんの人の協力を得て、両親との距離を徐々に詰めていき ― 。

「デザイナー」

冴島はの子供は高校を卒業すると、島を出る。

そのため、冴島独自の母子手帳がある。

子供への思いをびっしり書けるデザインになっていて、

島を出る時に、子供に渡す。

その母子手帳をデザインしたのは、源樹の母だった。

蕗子の両親の問題と同時に島にやってきた、デザイナーである椎名。

源樹が声をかけられ、島を案内して欲しいと言われる。

当日、椎名が両親が別れる原因になった人だと、源樹は指摘する。

椎名は、他の自治体の母子手帳をデザインすることになり、冴島を訪れた。

そんな椎名は、源樹に母子手帳を渡す。

びっしり書かれた、母子手帳に源樹は、ある言葉を思い出す。

母の愛と、母の気持ちを理解して、日々は進む ― 。

「さえじま」

ヨシノの活動の紹介として、

島にある会社「さえじま」が、TVに出ることになった。

しかし、会社の紹介の仕方を不快に思った村長と、

さえじまの社員たちで、揉め事がおこる。

ヨシノや、さえじまの社員が頑張るが、上手くいかない。

元々、島のおばちゃんたちの居場所になればいいと始まった会社だと、

社長である朱里の母はTVを断る。

この揉め事の後、ヨシノが島を去ることに。

彼女がこんなにも仕事に、島の為に動ける原動力はなんなのか ― 。

「唯一の医者」

ある日、朱里が本木の家へ、やってくる。

未菜が血を吐いた、と。

今日は霧がかかっていて、船がでない。

蕗子と、朱里がパニック状態の中、本木が落ち着いて、対処する。

そして、本木は医者であることを告げる

医者を呼ぶお金がなく、医者を探し続けていた冴島の人達。

研修医時代に、命を扱うことの重さを実感し、

医師免許は取ったものの、諦め、田舎で暮らすことにした本木。

そんな情報を得た島の新の母が、本木に、封書を出した。

本木は、島に呼ばれたといっているが、島のおばちゃん達がやった事だった。

そんな本木も、未菜を助け、島の人に助けられ ― 。

「ふるさとの絆」

縞野のおばちゃんがなくなった。

朱里の祖母と島の外で暮らしている千船碧子の3人は同級生だった。

そんな碧子にも形見分けと手紙を残していた。

そんな3人は、島で起こった噴火のせいで、

一緒に卒業できず、はなれ離れになった。

朱里、衣花、新、源樹の四人で、千船碧子を探すことに。

島から出て泊まりがけで探すには、親が許してくれない。

そこで、修学旅行の観劇中に抜けだす。

抜け出し、外に出ようとした時、声をかけられる。

赤羽環。

事情を話すと、一緒に手伝ってくれると言い出す。

ヨシノと知り合いで、環は冴島のことをよく聞いていた。

前の住所を訪れたたが、そこにはもう住んでいなかった。

島に帰り、前の住所に住んでいた方と環の協力で、

最後に教師をしていたという、学校に連絡が取れた。

そこで、碧子は亡くなてっていたことを知る

四人で訪れた小学校で行われた演劇をみて、四人は ― 。

《島はぼくらと》の詳細!!

[作品名]  『島はぼくらと』

[著 者]  辻村 深月

[出版社]  講談社文庫

[定 価] ¥700(税別)

最後に!

この作品は、人間愛が沢山詰まった作品だ。

読み終わったあと、心が満ちて、幸せな気分になった。

こんなにも暖かい気持ちになれる作品があるだろうか

と感じるほど、愛を感じる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました