【理想と現実】傷つき、傷つけを繰り返し、人は変わる。[青くて痛くて脆い]

どうも!

1日1時間は本を読む時間をとるようにしているzonoです!!

今回は、住野よるさんの《青くて痛くて脆いを紹介します。

目次

 

スポンサーリンク

【理想と現実】傷つき、傷つけを繰り返し、人は変わる。

・テーマ

・理想と現実

・人は変わる

 

理想の手前に、現実がはびこる。

その現実では、何度も傷つけ、傷つく。

何も起こらなければ何も変わらない。

理想をかなえるならば、

現実を乗り越えなければならない。

現実を生き抜くための

勇気と覚悟を持った人だけが、

理想に近づく。

あらすじ

人に不用意に近づきすぎないことを信条とにしていた大学1年の春、僕は秋好寿乃に出会った。
周囲から浮いていて、けれど誰よりもまっすぐだった彼女。その理想と情熱にふれて、僕たちは二人で秘密結社「モアイ」をつくった。それから3年、あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。そして、僕の心には彼女がついた嘘がトゲのように刺さっていた。傷つくことの痛みと青春の残酷さを描ききった住野よるの代表作。
※引用:『青くて脆くて痛い』より

「出会いと別れ」

なるべく人と近づきすぎず、

平凡な暮らしをしていた主人公・田端 楓。

そんな楓は、周りからは浮いているが、

理想の自分になるために、自分を貫き通す、秋好寿乃に出会う。

理想を求める秋好に惹かれる楓。

2人で、理想を求める秘密結社「モアイ」を結成。

理想を求め、楽しく活動していたモアイは、

徐々に崩れ始める。

居心地の悪くなった、楓は、モアイを辞める。

そして、秋好はいなくなった ― 。

「モアイを正す」

就活系の大きな団体になった「モアイ」。

就活に励む、楓はそんな、モアイをみて、

モアイを壊し、正すことを決める。

友達の董介や、後輩のポンちゃんに協力して貰い、

計画を立てる ― 。

「計画」

モアイの幹部である、テンが、

女の子をもてあそんでるという噂を聞いた楓たちは

不祥事を、暴きモアイを壊す計画で動き始める。

イベントに参加し、テンの連絡先を手に入れる。

テンの不祥事は不発に終わる ― 。

「不祥事」

董介が、イベントにら参加した際に教えたメールアドレスに

迷惑メールが届くと、楓に伝える。

楓はある仮定を立てる。

モアイのリーダーである、ヒロが、

人事に情報を横流ししてるいるのではないか。

証拠を掴み、世の中に流そうとしたとき、

董介は、楓を止めるが ― 。

「理想と現実」

モアイが解散することになったことを聞いた楓は、

モアイの会見を聞きに行くことにした

そこで、会った人物とは ― 。

「本当の自分の気づき」

モアイの解散の会見を聞き、

謝罪したいと思うが思いとどまる。

謝ってどうするのか。

本当の自分に気づいたとき、楓は ― 。

映画情報!!

 

 

 

 

この作品は、映画化もされました。

2020年8月28日に公開されました。

主演・吉沢亮 杉咲花

などなど、豪華キャストです!

こちらの作品はU-NEXTで見れます!

無料トライアルもあります!

⇒U-NEXTで見る



《青くて痛くて脆い》の詳細!!

[作品名]  『青くて痛くて脆い』

[著 者]  住野 よる

[出版社]  角川文庫

[定 価] ¥680(税別)

最後に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました